さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


蒼天高く翔けらんと › げいのう

2012年11月22日

悼む人







昨日は会社を午後休ませてもらい、松本のまつもと市民劇場で
「悼む人」っていう舞台を見てきました。
出演:向井理、小西真奈美、手塚とおる、真野恵里菜、伊藤蘭

まつもと市民劇場すごいです。かなり立派です。長野にもこんな劇場あるんだ。

私は直木賞を取った「悼む人」を読んでいなかったのであらすじとか
まったく先入観無しで行ったのですが最初オープニングとともにそのですね、
事故・事件で亡くなった人たちの経緯が文章で次々に舞台に投影されて
いくんですよね。たぶん1枚手前に透明なスクリーンがあるんでしょうが
その内容がね、重くてね、こりゃ重い演劇かなあと思いましたね。
で、劇が進んでいく毎にあ、これは重いぞと確信した上に、台詞の長廻しが
すごくてですね、かなり体力の必要な観劇でした。
コニタンのね、2役の台詞の長廻し。すごかった。あれは圧巻ですね。
話は重いけど徐々に引き込まれていき、正直共感できない部分もあったんだが
役者の演技の迫力がすごくてね、面白かったです。
コニタンはやっぱり舞台の方がかっこいいなあと思いました。それにしても
あの長台詞と迫力はすごいわ。
向井君は木訥としたしゃべりがウリなんだろうけどもそのため上手いのか
どうなのかようわからんなあと思ってたんですが、コニタンの夫役に豹変する
あたりはさすがでした。鬼気迫るものを感じさせてくださいました。
この人やるなあと思いました。
手塚さんも伊藤蘭さんも真野さんもうまかったです。
でもこのストーリーを5人でやるってのはすごいなあと。
とにかく今回は役者の迫力を見せてもらえて本当見に行って良かったです。
見終わったあと、こっちもぐったりでした。  


Posted by KOB at 18:24Comments(0)げいのう

2009年10月04日

のんちゃんのり弁



今日は横浜黄金町にあるミニシアター、ジャック&ベティーというところで
のんちゃんのり弁っていう映画を観てきました。小西真奈美主演。
まあ、目的はコニタンを見に行くということで・・・観に行って参りました。
黄金町のジャック&ベティー、初めて行ったんですが、雰囲気のある映画館ですね。

昭和っていう感じのなかなか
お洒落な劇場でした。
トイレがね、中にあるの。
だから席を通って反対側にある
トイレに行かなければならない。
ジュースは普通のペットボトルが売ってた。
もちろん席にジュースホルダーはない。
でも感じが良くてね。
スクリーンは小さめだけど落ち着く。
こういうミニシアターが潰れずに
残っているっていうのは嬉しいね。






で、映画ですが、ちょっと淡々としすぎてて、うーんって感じでした。
まあ、ほのぼの感は伝わってくるし、31歳の亭主と手を切ろうとしている女が
一生懸命自分のやりたいことを目指すっていうのは分かるんだけど
いまいちがむしゃら感が伝わってこない。コニタンが下手というわけではないんだが
脚本がいまいちなのかなあ。もうちょっともがいているところを映像にしたら
良かったんじゃないかなあって思う。あと、もうちょっと尺は縮められるはず。
最後のコニタンの涙はどういう涙なんだろう?うれし涙か悲し涙か。どっちだ?
まあでも久しぶりに動いているコニタン見れたんでその辺は満足です。

さて、日曜の晩は甲府に入ります。泊まるだけ。月曜の朝は長野行きます。
さすがに月曜の朝長野まで行くには時間的に難しいので途中泊出張です。
今回は材料運搬があるんで車だからね。  


Posted by KOB at 02:34Comments(0)げいのう

2008年09月01日

百万円と苦虫女

土日とも会社に出て仕事してまして、ストレスがかなり
たまっておりまして、日曜日の夜レイトショーを
見に行きました。

見た映画は「百万円と苦虫女」。蒼井優主演。


見てる間は要所要所で心臓を
わしづかみにされてるみたい。
終わったときは爽快!
特にラストがすばらしい!
内容的には地味だし
ストーリーも結構無理あるけど
すごく満足できる映画でした。
蒼井優と森山未来はすごいなあ。

こういう映画が増えるといいね。
「クワイエットルームにようこそ」を
思い出してしまった。
これにも蒼井優出てたな
  


Posted by KOB at 18:07Comments(0)げいのう

2007年09月30日

郵便配達夫の恋

えー先週は休み明けの火、水いろいろありまして新潟のばあちゃんちに
行っておりました。木出張、金社内研修とありまして、まあ全然暇なかったっす。

さてさて、本日東京グローブ座に「郵便配達夫の恋」という舞台を見に行きました。

なんかかなり前にやった舞台の再演らしい。オセロの中島知子さん主演。
ってくらいしか知らないで見に行った。オセロ好きだし。で19時開演。
そしたら、4人しか出ないんだね。びっくりした。あと知ってる人は辰巳琢郎さん。
中島知子さんの初舞台だったらしい。
話はほのぼの流れてって、ちょっと笑いがあって、ちょっとしんみりさせて、
良い舞台でした。途中ちょっと眠くなっちゃったけど。
中島知子さん上手かったです。演技力あるねえ。
そのほかの脇も十分存在感あったし。
舞台って面白いよね、その風景が見えてくる。
舞台の中でさあ、何度もワイン飲むシーンがあってさ、むちゃくちゃワイン飲みたくなった。
今から飲むかなあ。
で、終わって拍手喝采。えー短いじゃん、これで6500円高いなあと思って時計見たら
2時間たってた。びっくり。1時間くらいにしか感じなかったから。
それだけ集中してたんだねえ。価格も納得。
久しぶりに芸能人の顔はっきり見た。うれしかった。中島さんかわいいし。
さて、ワイン飲もっと。  


Posted by KOB at 00:15Comments(0)げいのう

2007年02月09日

きらきらアフロ


本日は秩父の自由空間ネットカフェからの更新です。
写真は秩父のシンボル武甲山。
いやー大変。
何が大変かというと・・・
昨日朝出社してから完徹です。6時位に車の中で1時間半くらい寝たけどね。
いやーしんどいっす。いつ倒れるかわからん。

さてさて。
きらきらアフロin武道館、先行予約確保しました!
私笑福亭鶴瓶大好きなんです。
でもきらきらアフロ立見席なんだよね。
立見席ってどんな感じだろ。
とりあえずチケット2枚確保したから、誰と行くか考えんと。

今日は笑福亭鶴瓶の話。
笑福亭鶴瓶は私の中で天才の1人です。
彼は頭かなりよいと思います。
バラエティーではおちゃらけた感じだけど、頭の回転が速い。
というのも昔やってた好きな番組で「らくごのご」って番組がありました。
これは鶴瓶師匠と桂ざこば師匠が出ている番組なんですけど
視聴者から3題のお題をいただいてその3題のお題が入った
落語を即興でやるっていう番組です。
この番組はっきり言ってマジモード。というのは落語ができなくて
申し訳ありません謝る回もあったんだもの。
ざこば師匠は正直言ってそんなに上手くない。
だけど鶴瓶師匠はその3題をユーモアを取り入れて話にするところがすごい。
この番組で私は笑福亭鶴瓶に惚れてしまったんです。

できれば鶴瓶師匠の寄席が見たいんですが。寄席東京でやってくれんやろか。
きらきらアフロ楽しみです。
松島とのやり取りも面白いし。とりあえずの楽しみです。

さてそれまでに仕事がんばらねば。
倒れないといいけどね~  


Posted by KOB at 01:29Comments(0)げいのう

2007年01月11日

水曜どうでしょうDVD全集第8弾『激闘!西表島』予約!


先日予約した水曜どうでしょうDVD全集第8弾『激闘!西表島』の
入金をしてきました!すごい楽しみです!3/21を待ちきれません!

水曜どうでしょうは,私も1998年まで札幌にいたので
初期放送の部分は生でテレビで見ていたんですね.
そのころから非常に面白く見ていたんですが,
3年くらい前にDVD化していることを知って,驚いて
勢いで第4弾までヤフオクで落としました!
今回発売されるのは2005年の新作のようで,非常に楽しみですね.

最近大泉洋さんがんばってますね.
「東京タワー」や「明智光秀」などのドラマでシリアスな
役柄もこなしています.かっこいいですね.

ただ,大泉さんにはもっとはじけた役をやってもらいたいなあ
っちゅうのが本音です.
彼はなんていうかタレントさんや芸人さんがいっぱいいるバラエティ
にもなんかなじめないような感じがするし,役者業もうまいんだけど
なんかちょっと違うような気もする・・・
そこで私は彼は喜劇役者,舞台役者が合うんじゃないかなあとか
思います.今,日本では本当の意味での喜劇役者ってのは少ないと思う.
トークだけでなくてその人が動くだけで笑いが起こるという.
志村けんもその道の人と思いますが,それ以上の可能性があるんじゃないかなあ
とも思っちょります.

札幌で学生の時からテレビでがんばっているのを見てると
なんにしてもひとかどの人になってもらいたいなあと
応援している次第であります.  


Posted by KOB at 02:38Comments(0)げいのう