さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


蒼天高く翔けらんと › りょこう

2017年03月28日

橿原神宮と神武天皇御陵

奈良ではもうひとつ、橿原神宮に行きました。神武天皇をお祀りしております。
鳥居です。

ご由緒です。

南新門です。すごく神聖な空気が流れています。
右の壁には紀元2677年と書かれています。


外拝殿です。

外拝殿の中に入ります。本殿では御祈祷が行われていました。ありがたいです。



次は神武天皇御陵に行ってきました。神聖な気持ちで行ってきました。
ここに来ることができたのが大変うれしいです。



橿原神宮前駅には幸せの黄色いポストがありました。

  


Posted by KOB at 01:00Comments(0)りょこう

2017年03月27日

大神神社

奈良県の桜井市にある大神神社に先日行きました。
大神神社は大物主大神を祀っており、三輪山がご神体となっています。
日本最古の神社と言われています。一度来てみたかった。
大物主大神は大国主神が国造りの時に自分を三輪山に祀ったら国造りを
手伝ってやると言って三輪山に祀られた神様です。そのあと大国主神の
葦原中国は非常に豊かになり、豊原葦の瑞穂の國と呼ばれるようになりました。

第二鳥居です。


参道です。清々しい気が流れています。

ご由緒です。

拝殿です。ご神体は三輪山なので本殿はありません。
拝殿を見たときにスゲー!という言葉が自然に出ました。荘厳です。

お詣りした後、狭井神社に向かいます。
狭井神社からご神体の三輪山に登拝ができます。


登拝中は写真撮影、飲食禁止です。のどを潤すための水のみ許されています。
往復2~3時間だそうです。登拝料300円を納めて、名前と住所と携帯電話の
番号を控えて、首に下げる三輪山登拝之証の襷をもらって首にかけます。
本当は登拝は白装束でする必要があるんですが、簡易的に襷で代わりにします。
だから登拝中は外してはいけません。
荷物をコインロッカー(100円、そんなにないので混んでいたら難しい)に預けて
両肩をお祓いして登り始めます。写真は入山口のみです。撮影禁止なので。

一般的に往復2~3時間を要するようですが、私は上り45分、山頂15分、下り30分の
1.5時間でした。非常に有意義な時間でした。登拝中のことはしゃべってはいけない
らしいのでこれでおわりです。

このあと展望台に行きました。第一鳥居とその奥に耳成山が見えます。

で、第一鳥居まで行きました。でかいですね。奥の山は三輪山です。

で、ちょっと離れて第一鳥居と三輪山を撮りに行きました。やっぱでかいです鳥居。


念願かなって大神神社に行けたし、三輪山登拝もできたし、で結構疲れた。
三輪駅前で日本酒ソフトを買ってみる。これが結構日本酒味でびっくり。
シャーベット状です。思ったより旨かった。


で、奈良駅に行って1階の角打ちでひとりベロンベロンになってホテルで爆睡です。  


Posted by KOB at 00:45Comments(0)りょこう

2017年02月27日

長野の一日

今週末は長野にいました。
土曜日まず、善光寺にお詣りです。今年初めてのお詣りです。天気の良い日でした。

梅がもうちょっとで咲きそうです。もう春ですなあ。

善光寺でお守り買って、去年のお守り納めてきました。

善光寺を出て、一路諏訪に向かいます。
途中で昼飯。みどり湖パーキングにて、塩尻名物山賊焼き定食をいただきます。
激うまです!山賊焼きっていうのはニンニク味が強いしょうゆ味のから揚げです。

諏訪ICで降りて、諏訪大社上社本宮に向かいます。
この神社は本当に崇敬している神社です。今年のあいさつに来ました。

長野駅周辺には全然雪がなかったのですが、諏訪大社の境内には
まだまだ雪が残っています。
お詣りして、お守り買って、御朱印帳も買って御朱印ももらって。
今年最初の挨拶ができました。

茅野に向かいます。久しぶりのカフェデザートムーンです。
オーナーは大学の先輩です。

おいしいオリジナルコーヒーをいただいて、近況を話してきました。
小1時間。楽しい時間でした。外で一緒に撮影です。

で、このカフェデザートムーンの前では八ヶ岳がばっちり見えます。
この日は天気が良かったので、夕日で焼けるのでは!ということで
写真を撮りまくりました。結構きれいでした。でもとにかく寒かった!






陽に焼ける八ヶ岳を見た後は、長野に帰ります。
この日の夕飯は定番の牡丹荘担々麺辛口です。やっぱりうまい。

やっぱり長野は楽しいなあ、と思った1日でした。  


Posted by KOB at 02:13Comments(0)りょこう遊び

2017年02月05日

寒川神社・高徳院・鶴岡八幡宮

先日神奈川の方に行ったので、行ったことのなかった寒川神社に行ってきました。

この神社の本堂を見たとき、うわーすげえこの神社と思いました。
やっぱり相模国一ノ宮ですね、すごく荘厳な神社です。かっこいいです。
ご祭神は寒川比古命と寒川比女命です。ニ柱の神を祀り、寒川大明神としています。
寒川大明神は相模国を中心に広く関東地方をご開拓になられ、衣食住など
人間生活の根源を開発指導せられた関東地方文化の生みの親神様として
敬仰されてきました。(寒川神社HPより)
見惚れてしまう神社ですねえ。天気も良くてずーっとみていたい気分でした。

次に鎌倉の高徳院です。鎌倉大仏様です。

鎌倉大仏様に来るのは初めてじゃないはずなんですが、来たのは
かなり昔でいつか全然覚えていない。だからまあ初めて来たようなものです。
お寺さんの入口で拝観料を払いまして中に入るんですが、中に入るとちょっと
垣がありまして、中が良く見えません。垣を過ぎるとバーンと大仏様が目に入る。
いやあすごいです。鎌倉の大仏様は凄いです。すごいエネルギーです。
体全体にエネルギーを感じます。いつまでもいつまでも手を合わせていたくなります。
すごいすごいすごい!と感じながら拝んでました。
大仏様の脇で20円払って中に入ります。良心的なお値段です。
中に入って大仏様の中側に額を押し当てて、ぼーっとしてました。
いやあ本当にありがたい阿弥陀如来様です。来てよかった。

高徳院を出まして鶴岡八幡宮に行きました。

鶴岡八幡宮、久しぶりです。上大岡に住んでた時からちょくちょくお詣りに来てます。
天気が良くて気持ちが良い。良い参拝日よりですねえ。
舞殿で御祈祷が行われておりまして、ちょっと見ておりました。
そのあと参拝しに階段を上っていきます。
でですね、ここ何日かヘルニアがきつくて足が痺れっぱなしだったんですよ。
こんなに痛いのも久しぶりで、まあ医者からは手術するほどでもないと
言われたんで普段我慢しているんですが、ここ2-3日はほんとうにきつく、
この前日に新宿にいたんですが、もう途中で歩けなくなっちゃってうずくまったり
しておりまして、やばいなあと思ってまして、八幡様、ヘルニアが本当に痛いです、
痛みをとってくれませんか、そんで風邪ひいてるんで何とか今日中に治してください!
とお祈りしたところ、拝殿から離れた瞬間パーッと腰の痛みが引きまして、感動です。
風邪も何とか治りました。次の日は病み上がりできつかったですけども。
八幡様、ほんとうにありがたい。またお詣りに行きます。
鎌倉はまたゆっくり回りたいね。  


Posted by KOB at 22:53Comments(0)りょこう

2017年02月02日

久々大阪・神戸

先週久しぶりに大阪に行きました。
新幹線で大阪に入り、夜は旧友と飲む約束をしておりまして、
ちょっと時間があったので道頓堀へ。実はですね、大阪十数回来ていますが、
道頓堀に来るのは初めてで。いやあすごいですね。何この活気。




そんで食い倒れ人形も初。ビルの1階にあった。前は外だったらしい。

で、大阪って言ったらたこ焼きでしょう。安かった。250円。

そんで大阪に住んでいる旧友と新世界で待ち合わせて、飲む。当然串カツ。
二度漬け禁止。後輩も元気で楽しい飲み会でした。



次の日速かったんで、この日はこれで終わり。早朝三ノ宮に向かいます。
三ノ宮では生田神社に早朝お詣りです。生田神社は2回目。6年ぶりですかね。


ご祭神は稚日女尊(わかひるめのみこと)です。
稚日女尊は古事記では、特に名前はないですけど天の服織女(はたおりめ)が
スサノオの悪事に驚いて梭で女陰(ほと)を衝いて死んだ神様だそうです。
その次にこの名前の神は、神功皇后が三韓外征の帰途、難波へ向おうとしたが
船が真直に進めなくなったため、占ったところ、稚日女尊が現れられ
「私は活田長峡国にいたい」と神宣があって、海上五十狭茅に祭らせたそうです。
これが今日の生田神社のようです。ウィキペディア参照です。

そんでこの日は参拝のあと仕事に行きまして、この日は外仕事だったのに
とんでもない寒波が日本に来てて、寒すぎて死にそうに仕事してました。
そんで仕事が終わり、関東に帰る前に、もう体が冷え切ってしょうがないので
ラーメンだラーメン!ということと、せっかく神戸だしなあと思い
神戸牛骨ラーメンを食べに行ってきました。やざわってお店。

まあまあでした。記念です。記念。
でも体の芯から暖まれました。その点はよかったです。
で、関東帰りました。そんで風邪ひきました。何年ぶりに風邪ひいたかね。  


2017年01月23日

根津神社

Karenさんのライブが終わって、根津神社にお詣りに行ってきました。
この神社はですね、空気がしゃんとしてて、そして暖かいんです。
すごく気持ちがいいんです。今日は結構人が多かったですね。
二社のお稲荷さんにもお詣りしてきました。。
今日痛恨の御朱印帳忘れだったのでまたもらいに来ます。  


Posted by KOB at 01:15Comments(0)りょこうその他

2017年01月16日

明治神宮と東郷神社参拝、そんでOB会

土曜日は夜大学のOB会があったので東京行ってました。
まず明治神宮へ。久しぶりの明治神宮です。相変わらず原宿はひどい人だ。
この鳥居の前に来ると、気持ちがしゃんとします。気持ちいい空気感が出ます。


参道の両脇がタイル張り?されてた。歩きやすくなってる。お年寄りにはいいかも。
もうさすがに劇混みではなかったけどね、御朱印もらうのに結構並んだ。

次に東郷神社へ。日清・日露戦争でご活躍された東郷平八郎元帥の神社です。
本人は神格化されることが本当に嫌だったみたいです。
陸軍の乃木大将の乃木神社に対抗し海軍が作ったようです。
神様にされちゃったら困るようなあ。でもこの神社も好きですよ。



で、秋葉原に戻って、携帯の機種変更して、大学のクラブのOB会に行ってきました。
久しぶりのみんなに会ってうまい酒を飲む。楽しかったです。

で、2次会、そのあと先輩の家に行って深夜まで飲んで泊まらせていただきました。
おいしい朝飯をいただきました。どうもありがとうございました。

また来年、みなさんお会いしましょう。  


2017年01月14日

1/4東京にて

1/4、福岡からバスで帰ってきて、そのまま靖国神社へお詣りです。
新年の挨拶をして、御朱印をいただきまして。
久しぶりに遊就館に行きました。遊就館に3時間いました。どっぷり。
帰りにお札を買って、お守り買って。
次に筑土神社でお詣りして、東京大神宮はすげえ人だったんで
鳥居の外から手を合わせてつくばに帰りました。
つくば着いてから一回帰って荷物置いたあと「君の名は。」2回目観賞。
正月休みこれで終了です。今年の年末年始は濃かったな。
  


Posted by KOB at 00:10Comments(0)りょこう

2017年01月13日

1/2、1/3ぶらぶら福岡

大晦日、元旦と飲んだくれた後、1/2になって初詣に行きました。
初詣に行く前に腹ごしらえということで、井出ちゃんぽん小戸店へ。
ここのちゃんぽんが食いたかったんだよー。
ここのちゃんぽんは量が半端ないです。でもまあ食えるだろうということで
おいらは普通盛り、ツレとツレ弟は小盛です。左側が小盛、右側が普通です。
特性ちゃんぽんです。山もりのきくらげと生卵が乗ってます。

こう見るとすごい量ですね。とりあえず全部食いましたが、これからは
小盛にしようと思います。もう無理です。ギリギリ。

飯食った後は初詣。博多総鎮守 櫛田神社へ。
櫛田神社の門の上には「稜威」と書かれています。「いつ」と読みます。
「稜威」とは畏れを感じる見えない霊的威力や、日本の背後にある
霊的パワー等を意味するそうです。
迫力のある額ですよね。いつもこの字には圧倒されます。

本堂です。この日も結構人がいました。雨も降ってました。

参拝が終わるころには雨も止みました。今年初めてのおみくじを引いたところ
「大吉」でした。良いことあるかなあ。
御祭神は大幡大神(櫛田大神)、天照皇大神、素盞嗚大神(祇園大神)の三柱です。

この日の晩は妹の家に泊まりました。妹の旦那と酒を飲みかわしました。
そんで次の日1/3の朝、元祖ラーメン長浜家に行ったあと、警固神社へ。
警固神社大好きです。雰囲気がすごく好きです。天神のど真ん中にあります。


警固神社のご案内には「警(いまし)め、固(まも)る神、警固神社」と
書かれています。かっこいいですね。
ご祭神は神直日神、大直日神、八十禍津日神の三柱です。
イザナギノミコトが黄泉の国から帰ってきた後、禊を行ったときにお生まれに
なった神様です。

警固神社の後は西鉄電車に乗って太宰府天満宮へ。
太宰府天満宮、やっぱりすごい人です。


すげえ時間かかりました。参拝まで1時間半くらいかかったかな。
本堂です。ご祭神はみなさんご存知の通り、菅原道真公です。

これで北野天満宮と太宰府天満宮、両方お詣りできました。
左近の飛梅には一輪だけ梅が咲いておりました。美しいねえ。

太宰府から福岡に帰ってきて、遅い昼飯を天ぷらひらおにて。
天ぷらは揚げたてがどんどん運ばれてきます。この日はお好み定食。
えび、いか、豚、白身、ピーマン、芋、あと野菜一つ。忘れた。
アツアツのてんぷらはいつ食ってもうまいです。



で、飯食った後、お土産買って、東京行きの夜行バスに乗りました。
2列バスだったので快適でした。朝までぐっすりでした。
ほぼ個室です。ipadminiが席にひとつずつ付いています。ほぼフラットになります。



さて、福岡終わりです。1/4、東京に帰ってまいりました。  


Posted by KOB at 00:10Comments(0)りょこうたべもの

2017年01月12日

12/31ぶらぶら福岡

さて、大晦日です。
大晦日にはぜひ行ってみたかった宮地嶽神社に行ってみました。
JRで福間駅に行ってバスに乗ろうと思いましたが良い時間のバスがなく、
神社まで歩きました。2㎞、30分です。ポカポカして暖かい中歩きました。
階段の下の鳥居です。

階段を上り切ったところからの風景です。素晴らしい!海まで見えます。
みなさんわかりましたか?嵐のCMで有名になった風景だそうです。
海岸沿いに一の鳥居があるそうです。そこまでは行きませんでした。

立派な桜門です。かっこいいですね。


本堂です。日本一の注連縄です。すごいです。とてつもないです。
これが見たかったんです。

横から見ると注連縄の太さがよく解ります。

ご祭神は息長足比売命(神功皇后)と、ともに功労をなした勝村・勝頼両神です。
神功皇后が渡韓されるにあたり、宮地嶽の山頂にて祈願されたことから
主祭神を神功皇后として、随従の勝村・勝頼大神の三柱を祀ったそうです。
いやあ良い参拝でした。結構感動した。

帰りも良いバスがなく結局歩きました。
そんで腹が減ったので博多駅バスセンターの牧のうどんでゴボテン肉うどんと
かしわ飯のセットを食べたのでした。超旨かった。


このあとは飲んだくれました。元旦まで。
  


Posted by KOB at 00:10Comments(0)りょこうたべもの

2017年01月10日

12/30ぶらぶら京都

京都2日目です。
まず最初に、上賀茂神社(賀茂別雷神社)に行ってきました。山城国一ノ宮です。
ご祭神は賀茂分雷神です。ここの神社、私はすごく良かったです。
境内の中にいるだけで何か気持ちいいんです。頭がすっきりするというか
もうすごい良い気分で参拝できました。良かったです。



賀茂分雷神社からは下鴨神社に向かって鴨川沿いを歩きました。
天気が良くてポカポカして気持ち良かったです。さすがに早朝なのでカップルは
いませんね。


さて、下鴨神社(賀茂御祖神社)です。
この神社は南側の糺しの森を通過して行きます。普段は荘厳な森なんでしょうが
初詣に向けて屋台がいっぱい出ているのでちょっと俗世化してました。
まあしょうがないですね。ご祭神は賀茂分雷神の母の玉依媛命とその父の
賀茂健角身命です。平安京遷都前からある神社です。京都でも最も古い神社の
ひとつだそうです。この神社も気持ちいい神社でした。



このあとぶらぶら北野天満宮方面に西に歩いていきました。
まず行ったのが千本ゑんま堂、引接寺です。

ここには閻魔様がいます。500円払って本堂の中を見せてもらいました。
さすがに写真は撮れません。

閻魔様はびっくりするくらい大きくて、目は琥珀でできています
口は開いていて睨まれているようです。怖いです。とんでもない迫力です。
右側の司命尊は生きているときの行いを読み上げ、左側の司録尊は書記です。
平安京三大葬送地のうちのひとつ、蓮台野の入口に立つお寺さんです。
昔は風葬だったそうで、葬送地と街の境界となるお寺さんだったようです。
その死者の魂を弔うための役割と、それ以外に結界の役割もあったんでしょうかね。
このお寺さんは1017年に建立されたそうですが、応仁の乱で一度消失して
しまったそうです。現在の像はそののち再建されたそうですが、目と舌は
消失前の像のものが残っており、そのまま使用しているそうです。すごいね。

奥には紫式部の供養塔があります。供養塔は撮影しなかったんですが、その横に
紫式部像があったので撮ってきました。ちょっと惜しい感じがします。

閻魔様を案内してくれた尼さん?がおっしゃるには、紫式部は物語を書くので
つまり嘘を文章にしていたため、地獄に落ちて苦しんでいたため助けてほしいと、
誰かは忘れましたが誰かの夢に出てきたので供養塔を立てたということです。
げ、じゃあクリエーターはみんな地獄行きじゃん!と思ってしまった。

このあと近くの釘抜地蔵、石像寺に行ってきました。写真の真ん中のはでっかい
釘抜きです。いろいろな人がお寺さんをぐるぐる回ってお祈りしていました。


で、いよいよ北野天満宮です。初参拝です。


この神社の祭神は、みなさんご存知の通り菅原道真公です。
この日は参拝客が多くてにぎやかな雰囲気でした。もう雰囲気は正月です。
この神社も凄く立派な神社ですね。おもわず後ろに回って一周してきました。
造りが荘厳で豪華です。本堂は国宝だそうです。
その時に末社の文子天満宮さんにもお詣りしてきました。
EGO-WRAPPIN'はどのスペースでライブやったんだろ。
北野天満宮の狛犬さんが超イケメンでしたので撮ってきました。


さて、京都の旅はこれで終わりです。
今回、行きたかったけどいけないところがいくつかありまして、清水寺とか
三十三間堂とか安井金毘羅宮とか。まあ次に来た時に回ります。
それにしても2日間良く歩いた。合計6万歩でしたね。もっとバスを活用すればいいん
でしょうがもうめんどくさいんですよね。地下鉄だけ1日券買ってあと歩いてました。
京都を離れて関空に行って福岡に飛びました。
次は福岡です。  


Posted by KOB at 00:10Comments(0)りょこう

2017年01月09日

12/29ぶらぶら京都

またまた昨年末の話です。年末年始休暇。
12/28の晩の夜行バスで東京を出て29日の朝に京都について京都を
ぶらついておりました。寺社巡りですね。
まず最初に伏見稲荷大社です。久しぶりです。すでに賀正になってます。
伏見稲荷大社はご祭神が稲荷大神ですが、祭神は以下の五柱となってます。
これらの神々は稲荷大神の広大な神徳の神名化とされている、
とHPに書かれています。
宇迦之御魂大神 (うかのみたまのおおかみ)
佐田彦大神 (さたひこのおおかみ)
大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)
田中大神(たなかのおおかみ)
四大神 (しのおおかみ)

本堂にお詣りです。朝早いので空気が気持ち良いです。

伏見稲荷大社はお稲荷さんなので狛犬ではなく、お狐さんです。
お狐さん、黄金の稲穂を加えています。縁起がいいねえ。

伏見稲荷大社といえば、連続する鳥居です。お見事です。



お稲荷さん信仰ってすごいですよね、いたるところに鳥居があります。

奥社でお詣りして、山頂まで行きます。天気が良くて良かった。冬晴れです。
まあそこそこきついですが、慣れている人には大したことない距離です。
で一番上、山頂の一の峯です。鳥居には「上の社 末廣大神」と書かれています。
4年半ぶりだ。感慨深い。

中腹二の峯です。「中の社」です。

さらに下がって三の峯です。「下の社」です。

標高高いので京都の町も一望です。


伏見稲荷大社の参拝が終わりまして、そのまま四条方面へ。
地下鉄四条駅で降りてぶらぶら東に歩いていきます。目指すは八坂神社です。

本堂でお詣りします。八坂神社は素戔嗚尊、牛頭天王がご祭神です。


次に知恩院に向かいます。知恩院は浄土宗総本山です。
三門がとてつもなくでかいです。

高さの高い石段を上ります。結構上ります。上がり切ったらあの御影堂が見える!
と期待しながら登ったら平成の大修理中でした。ショックでガックシ。

仏像さんは隣の法然上人御堂に移されているのでそちらでお詣りしました。
そのあと法然上人のご遺骨をご奉安する廟堂にお詣りに行きました。
知恩院は何度か来ているのですが奥まで入るのは初めてな気がします。
左側が廟堂、右側が拝殿になります。

そのあとさらに奥の濡髪大明神でお詣りして戻ってきました。
廟堂から降りていく階段の脇に法然上人様の像があります。
かなりリアルです。ありがたやありがたや。


知恩院を出たのちは平安神宮に向かいます。
平安神宮の大きな赤い鳥居が迫ってきます。でかいなあ鳥居。


応天門をくぐり、本殿拝殿でお詣りです。
平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治28年に遷都を実施した
第50代桓武天皇をご祭神として創建されました。幕末で荒廃した京都の
人々の町おこしとともに心の安寧となったようです。その後、皇紀2600年に
あたる昭和15年に、市民の懇意によって平安京最後の天皇、
第121代孝明天皇がご祭神として合わせ祀られたようです



この日の寺社巡りはこれで終わり、ぶらぶらしてホテルに帰りました。
途中池田屋で写真撮りました。今ははなの舞になってます。ちょっと寂しい。


ホテルに帰って麗蘭ライブに行きました。
次の日も京都です。続きます。  


Posted by KOB at 00:10Comments(0)りょこう

2017年01月08日

筑波街道からの筑波山

昨年のクリスマスの話です。
水戸街道というのがありまして、東京から水戸藩の水戸に続く旧街道です。
その水戸街道は土浦を通るんですが、その土浦から分岐して筑波山神社に
お詣りに行く参道が筑波街道です。
クリスマスに筑波街道を歩いて、筑波山神社をお詣りして、ついでに筑波山に
登れればいいなあ的なちょっと希望半分の遊びをしてきました。
筑波街道は以下です。


簡単な地図は以下です。


街道自体は18.3㎞弱なんですが、ずーっと登りです。まあ地味ですが。
それと、スタート地点に着くまでに、我が家からつくばバスセンターまで3.2㎞、
千束町のバス停から土浦一高の交差点まで2㎞の5.2㎞歩いています。

p1)土浦一高前の交差点から出発です。


p2)出発してすぐに八坂神社があります。


p3)ばらくはずっと大きな道路沿いです。たいして見るものはありません。
古い家も少ないです。ここ歩くのは結構暇できついです。でまた八坂神社。


p4)石造二十三夜供養板です。石板が祀られています。江戸時代初期のものの
ようです。月待信仰の石板らしいですが説明版を読んでもよく解りませんでした。


p5)道中に見られる大形山です。採石によって裸になっています。


道の反対側はこんな感じ。平野が続きます。木の列が見えるのは
リンリンロードです。自転車専用道路で昔の廃線跡です。


p6)途中で山田うどんが見えてきまして、おお!山田うどん!
とテンション上がりましたがつぶれてました。残念!


p7)道中には馬頭観音の石碑があります。右側には馬頭観世音と書かれています。


p8)小田城址です。結構立派です。鎌倉期から戦国期までの城のようです。
いろいろな方が城主になられたようですね。歴史ある城の跡です。



p9)道中に仏塔が立ってます。しかも中には車輪があります。これを廻すことにより
極楽浄土ができるのでしょうか。よくわかりませんがちょっとすごい。


p10)筑波山が見えてきました。やっと近くに来ましたね。


p11)北条大池です。このあたりから昔の色がグッと濃くなります。ため池ですかね。


p12)またまた八坂神社です。


p13)八坂神社を過ぎて、やっとこさつくば道入口です。石碑です。


p14)普門寺です。すごく立派なお寺さんでした。浄土宗です。



p15)たまに道標もあります。あんまり古いものじゃないと思います。


p16)さすがに筑波山も大きくなってきました。山腹の赤いのは大鳥居です。


さて、参道もぐいぐい急になってきて、疲れてきた足には正直しんどい。
でしばらく登っていくと見えてきました。
p17)一の鳥居です。


一の鳥居から泣きそうになるくらい急こう配になります。
そんでつくば道もとうとう終わりです。やったー!!
p18)旧筑波山郵便局と終点の道標です。



で、来たくて来たくてしょうがなかった筑波山神社です。何とか年内に来られました。



本当はですね、このまま筑波山登山の予定でしたが、筑波山神社に着いたのが
午後3時。頂上まで2時間かかるので登ってる途中に日が暮れます。
ということで、ケーブルカーで山頂に上がりました。軟弱者です。ちょい悔しい。
男体山と女体山の間のコルに終着駅がありますのでそこからまず男体山に
登ります。男体山からの景色はこんな感じ。スカイツリーも見えます。
一気に寒くなりました。



次に女体山に登ります。この女体山からの景色は抜群でした。
筑波山すごいです。ここは登った方が良いです。
写真に見えてる湖みたいのは霞ヶ浦です。


夕景です。右側の山は男体山です。左端に富士山が見えます。
この日これまで富士山が見えなかったのですがやっと見えました。



で、山頂から降りて女体山のロープウエイの駅に行くのですがその駅が展望台に
なってまして、そこで冬の時期は夜までやってるので夜景が見られます。
素晴らしいです。


夜景も見て満足してロープウエイで下山しました。まあそのあともいろいろ
あったんですが、下に降りてさらに5㎞くらい真っ暗の中歩いたとかね、
まあそんな話はどうでもよいのでこれで終わりです。筑波山いいなあ。
でもさすがにクリスマスイブだったのでカップルばっかりだった。
超怪しいひとりのおっさんでした。まあべつにいいけど。  


Posted by KOB at 02:16Comments(0)りょこう遊び

2016年11月23日

盛岡です。

盛岡にいます。かなり寒い。
夕方盛岡に着いて、ホテルにチェックインして、神社巡り。
まずは櫻山神社です。

盛岡藩主の南部氏をご祭神としています。
素晴らしい神社です。すごいあったかい感じの神社でした。
来てよかったです。

次に盛岡一の神社、盛岡八幡宮です。

この神社すごいっす。さすが盛岡一の神社です。
荘厳というか威厳というか、そういうものがビシビシ伝わってきます。
本殿大きい。もう暗かったので写真ではわかりにくいですが、ここは
ぜひ来るべき神社です。ご祭神はもちろん八幡様(第15代応神天皇)です。
荘厳ですが拒否されるような感じではなく、あたたかく迎えてくれます。

盛岡の神社はいいですね。
今回すごく温かく迎えてくれている感じがしました。うれしいですね。

そのあと、大学時代のサークルの後輩のおうちにお呼ばれしまして
行ってきました。後輩2人です。
焼肉と盛岡冷麺をいただき、大大大満足です。
昔話や、あいつ何やってんだ、あいつここにいるみたいな話で盛り上がり
昔の写真で盛り上がり、今の状況や家族の話で盛り上がり、楽しい夜でした。

まあまた盛岡に来ることもありますので飲みに行きましょう。
今日は本当にありがとう。素晴らしい夜でした。  


2016年09月11日

ワープステーション江戸

先日、ゴジラ2回目見に行ってきました。
2回目の方がゆっくり細かく見ることができたんで良かったです。
ゴジラかっこいいですね。下あごが2つに割れるのは寄生獣を思い出しました。
私は最初の芋虫が大好きです。これ以上は書きません。
DVD出たらおそらく買います。

さて、昨日の土曜日は一歩も外に出ませんでした。暑いし。
今日は朝早起きして筑波山でも行くかなあとぼんやり思っていたら
ダメですね、ぼんやり程度では。思いっきり寝つぼりました。
で、ああ何しよう、と思いながら午前中のんびりして午後から
話に聞いていたワープステーション江戸に行こうということで向かいました。
もちろん足は無いので自転車です。

我が家→ワープステーション江戸 16.5㎞

さてワープステーション江戸に着くと、えー!今日休み!?と思うくらい
だだっ広い駐車場に車が3台くらいしか停まってません。
本当にやってるの?と思い自動ドアをくぐるとどうもやってる。
今日大丈夫ですか?と聞くとどうぞどうぞと言って入場料400円を支払う。
まあどういうところかというと、江戸時代の街並みがセットとして作られてて
映画やドラマで使用される場所です。
京都の太秦を想像していったのでごった返していると思いきや全然人がいない。
1時間くらいで全部回れるんだけど7~8人にしか会わなかった。まあ快適。

こんな感じです。

茶店通り

井戸

長屋

明治の下町 天皇の料理番で使った?

商屋通り

橋と高麗門

江戸城大手門

砦 超かっこいいよ砦

宿場町

武家通り、大店通り 下の写真、手前に黒猫います。


大砲

長屋門から見える江戸城大手門

橋 ちゃんと作ってあります。

船 渋いっす。

こんなもんですかね。全然人いないでしょ。
写真撮る方としては楽です。もうちょっと天気が良かったらなあ。
せっかくなんだからもう少し整備したらよいのにと思いました。
大河ドラマとかも撮影しているようです。

さて、帰ります。帰りももちろんチャリです。
結構楽しかったです。

ワープステーション江戸→ちょっと寄りたかったスーパー→我が家 25.7㎞

往復42.2㎞です。今回地味なアップダウンが多かったので地味に疲れた。
ケツが痛いです。
帰ってきてカレー作って食べました。今日はぐっすり寝れそうだぞ。  


Posted by KOB at 21:31Comments(0)りょこう

2016年09月02日

忠海→尾道→福山→東京 8/27後半~8/28

さて、続きです。これでやっと終わります今回の旅行。
忠海に着いて、そこからJRに乗って尾道に行きました。
この日の夜行バスで関東に帰るのですが、この日は暑いのと
いっぱい動いたのとで皮膚に塩が吹いてます。
このまま夜行バスに乗れない!ということで尾道で銭湯を探して
とりあえず体を流しに行きました。体を流してさっぱりです。栗原温泉。

いやあ気持ちよかったあということで首にタオルをひっかけながら夕飯。
尾道と言ったら尾道ラーメンでしょう!ということで駅前の尾道ラーメンたに。
事前に調べるとおいしいと評判だったので。
尾道ラーメン、12、3年ぶりに食べたけどこんなにうまかったっけか!
というくらい旨すぎてマジで感動!背油ゴロゴロ浮いています。背油でかい!


最近醤油ラーメン好きなんですよね。年取ったのかな。

で、夜の尾道なんですが、事前情報だとどうも夜の尾道商店街は
結構面白い!ということなので撮影に行きました。その前にとりあえず尾道駅。

以下、尾道商店街の写真です。




もともと銭湯だったところをカフェにしたらしいです。

「うどん」という名の店ですが、うどんはないそうです。







尾道城です。城ではなく、後から作った博物館だそうです。
これ書いてて調べてみると廃墟らしいですよ。知っていれば…

で、思ったより早く終わったので尾道駅の待合室で本読んでました。
またJRに乗って福山駅へ。ここから夜行バスに乗ります。
今回乗ったバスはドリームスリーパー号。2列の14席しかないです。
片道13000円。中は土禁でした。そんで未来空間のような内部。

いやあもう横に席が広くて揺られると体がずれる。でもゆったり。
縦方向はややきついですけど。朝までぐっすり寝てしまいました。
気が付いたら横浜駅でした。

横浜駅から靖国神社行きました。終戦の日のあとの初参拝です。

そのあと東京大学へ。第1回防災推進国民会議に参加します。
これがなかったら尾道ゆっくりしていたんだけど、まあ聞きたかったしね。


聴きごたえのある話ばかりで大変勉強になりました。
ただひとりひとりの持ち時間が少なすぎてDEEPな話にはならなかったのが
残念でしたが。まあ相手は専門家ではないのでちょうど良いのでしょう。
ぶらぶらつくばに戻りました。長かった1週間終わりました。楽しかった。
またこういう旅したいね。  


2016年09月01日

今治→大三島→大久野島(ウサギと毒ガス)→忠海 8/27前半

さて、今治の朝は早いです。今治港を朝6:30に出発します。

結構大きい船ですが、乗車しているのは6-7人。大三島の宗方港まで500円。
気持ちよく瀬戸内海を走ります。しまなみ海道の橋をくぐります。


大三島で降りたのはおいらだけ、着いたあとは港の待合室でバスを待ちます。

バスに乗って行くのは大山祇(おおやまづみ)神社です。伊予の国の一ノ宮神社です。


ご祭神は大山積神です。もともと山の神であり、瀬戸内海に祀られていることから
海の神でもあります。ということは日本の全体を取り仕切る神様でもあります。
鳥居には「日本総鎮守」と書かれています。

もともとのこの額は木製であり、国宝館には平安時代の額があります。
その額にも日本総鎮守と書かれています。日本という名がそのころから使われてて
そのころから総鎮守とあがめられていたというのは胸にずんと来るものがあります。
天孫降臨にてニニギノミコトが地上に降り立って、時が経ち、偶然出会った
コノハナノサクヤヒメに一目ぼれし、求婚します。コノハナノサクヤヒメの父である
大山積神はすごく喜び、コノハナノサクヤヒメだけではなく、姉のイワナガヒメも
一緒に嫁がせようとしたのですが、イワナガヒメは器量があまり良くなく、
ニニギノミコトがイワナガヒメを帰したところ、大山積神は怒り、
コノハナノサクヤヒメにはあなたの世が栄え続けるように、イワナガヒメには
あなたが永遠に不変であるようにと願いを込めたが、イワナガヒメを帰した
からにはあなたの命は桜のように散るでしょうということで、この時から天皇と
人には寿命が与えられたとのことです。
本殿です。屋根は檜皮葺ですね。歴史を感じます。


お詣りのあとは国宝館に行って源頼朝や源義経の鎧を見てきました。鎧すごい!
でも鎧より大宮司の系譜図がすごかった。スタートがイザナギノミコトと
イザナミノミコトからスタートしている。それが現在まで続いている。
歴史ってのはすごいなあと思う。

参拝した後は、またバスにて移動です。バスは大山祇神社前から乗って井口港まで。
次は大久野島に渡るのですが、大久野島には盛港からしか渡れません。
盛港には公共交通機関がないので井口港から盛港まで歩きます。約4㎞です。

海がきれいです。

ぷらぷら歩いてたら乗船時間に間に合わなさそうになりダッシュしました。
盛港です。で、船に乗ります。大久野島まで310円。



さて大久野島です。大久野島も一度来てみたかった島です。
もともとは陸軍大久野島砲台(芸予要塞)であって、大東亜戦争時には
毒ガス兵器を作っていて、地図から消された島でした。
でも現在は憩いの休暇村となっていて、マスコットとして放されたウサギは
700羽いるそうです。確かにすごい多かった。

ウサギはすごく人に慣れています。盛港でウサギの餌が売っていたんですが、
島に渡ってから買おうと思ったら大久野島には売ってないのね。
ウサギと戯れたい人は自分でキャベツとかニンジンとか持ち込んでました。
餌がもらえると思って近寄ってくるウサギには申し訳なくって。




ではここからが戦争史跡です。これが見たかった!
三軒家毒ガス貯蔵庫跡。びらん性毒ガス「イペリット」が貯蔵されていたそうです。


便所跡。

長浦毒ガス貯蔵庫跡。びらん性毒ガス「イペリット」「ルイサイト」がありました。

北部砲台跡。





中部砲台跡。


火薬庫跡。



発電場跡。ここ入りたかった!中からの写真結構いろいろなところで
見られるのだが本当は立入禁止。でも隙あらばと思ったが観光客が多くて断念!



南部砲台跡。


史跡はこのくらいです。だいぶ壊されちゃってるんですね。
もうちょっと濃いかなあと思ったんですが。でも見ごたえは十分あります。
ずっと、うおー!って言ってました。
中部砲台跡は島の真ん中の山地の頂部にあるんですが、そこからの景色が
抜群でした。いやあ瀬戸内海はいいなあ。


大久野島いいですね。ウサギだけの目的の人、史跡を目的の人、
いろんな人がいます。まあそこそこ混んでますが。
島は電動自転車で回りました。2時間で800円(デポジット1000円)でした。
普通の自転車もありますが、電動のほうが絶対いいです。坂が結構多い。
でもとにかく暑かったです。ヘロヘロでした。
さて旅はもう終盤です。この日はここから忠海にフェリーで渡りました。
310円。やっと広島県に入りました。
つづく  


Posted by KOB at 00:05Comments(0)りょこう奇妙な風景

2016年08月31日

高知→松山→今治 8/26

8/26は沢田マンションを早朝に出て、土佐一ノ宮の土佐神社に行ってきました。


ご祭神は味鋤高彦根神(あじすきたかひこねのかみ)と一言主神(ひとことぬしのかみ)の
二柱のようです。味鋤高彦根神は大国主神の息子で、下照比女(したてるひめ)の
兄です。さて、本殿です。
あー祭りの準備中で全貌が見えない。うーんくやしいなあ。



でも荘厳な神社でした。天気が良くて暑いんだけどもすがすがしい。
今度はお祭りでないときに来よう。

このあと沢田マンションに帰り、沢田マンションの見学をした後高知駅に出て
高知城を見に行ってきました。高知城いいね!



天守閣まで上がりました。この日はクソ暑くてもう死んでしまうと思ったんですが
天守閣上がるときにサービスで置いてあるカチンコチンに凍ったおしぼりと、
天守閣に上がった時の窓から入る風によってだいぶ救われました。
天守閣からの景色も抜群です。



城を見た後はバスに乗って一路松山へ。JR松山駅です。乗車時間3時間。

松山駅からは市電に乗ります。市電がある街はいいなあ。

道後温泉です。ぶらぶら歩きました。本館はすごい人で、入る気が一気に
失せてしまったため、入るのやめました。まあ風情だけでも。



松山駅に戻ってJRに乗ります。向かうは今治。

この日は今治に泊まりでした。
暑かったのと30000歩ぐらい歩いたのでもうバタンキューでした。
つづく  


Posted by KOB at 00:05Comments(0)りょこう奇妙な風景

2016年08月30日

憧れの沢田マンション

さて、学会の現場見学会終了後、この日の宿はここです!

憧れの沢田マンションです!
今回高知に来ることになって、おお沢田マンション見に行くぞ!
ということでネットで調べると、なんと泊まれるではないですか!
予約して部屋を確保!そんでこの日やってきました沢田マンション!
沢田マンションは沢田夫妻が二人でセルフビルドで作り上げたマンションです。
すごすぎる!マンションを二人で作るなんて!
このあたりの沢田夫妻のこれまでは本にまとめられているのでぜひ購入してください。
宿泊できる部屋は3階の部屋。1泊3500円。安い!
その部屋がこんな感じ。部屋にカウンターキッチン、冷蔵庫、電子レンジなど。
自炊が可能なお部屋です。おしゃれ。折り畳みベッドもある。

部屋の奥には畳の部屋と畳ベッドがあります。ここで寝ます!しびれる!

脱衣所とキッチンカウンターの裏。

トイレとお風呂。トイレはきれい。風呂はちょっとビビる。

沢田マンションは自由に見学ができるのですが、見学できるのは昼間だけ。
住人がいるので住人のプライバシーを侵さないようにしなければいけません。
夜はぐっすり寝て、次の日見学させてもらうことにしました。
26日、早朝に起きて見学の前に土佐神社にお詣りに行きました。
この話はまた後で。
土佐神社から帰ってきて荷物整理して10時。よっしゃ見学始めます。
1階のギャラリーで見学マップが置いてあるのでそれをもらっていきます。

まずは朝の全景ですね。

このマンションには小さいお店も複数入っているので看板が出ています。
謎の機械もいっぱいオブジェ化しています。製材機?



空き室情報と沢マンの心得が柱に貼られています。
15畳ワンルーム32000円は格安です!

まず入ると「さわまん合気道教室」の看板が見えます。
そんでその奥には3階まで続くスロープが!
軽自動車なら上がって行けるそうです。素晴らしい。


スロープの奥には無人販売所が。
大家さんが作った野菜が余るとここに並ぶようです。

スロープを上から見たところ。

スロープ上からは各階の廊下兼ベランダが見えます。生活してますね。

スロープを上がり切った後はマンションの中に入ります。
このあたり生活感あふれているんですが、さすがに写真に撮れない。
マンションの中を過ぎると裏に回ります。グレーチングに薄いモルタルが
張られています。かなりドキドキです。グレーチングから下が丸見えです。



裏の廊下というかスロープを上り切ると突如池が出現です。
もともと孫のプール用だったようですが、池に切り替えたようです。
池の左側にはリフト(でかいエレベータ)が見えます。


池を過ぎるとリフト乗り場と工場と工具置き場が現れます。
ここであらゆるものが作られるそうです。左の赤い機械は製材機です。
大家さん一家は工場の奥に家を持っています。そこには入りません。



リフト横のらせん階段を昇っていくと屋上です。屋上には真っ赤なクレーンが!
このクレーンも自作らしいです。クレーン横には食料庫と水タンク。
このクレーンは何度か倒れたり折れたりを繰り返しながら現在の形状らしいです。


すぐ横にはリフトのてっぺんがあります。
リフトかっこいいです。動いているところ乗りたかったなあ。


そんで屋上の奥には畑が広がります。そうです。ここには土があるんです。


屋上手すりの下は大家さんちのお庭です。松が生えてます。
大家さんちから屋上にはらせん階段で登るようです。


屋上からの眺めも素晴らしい!
眺めを見てわかると思いますが、沢マンは結構街中にあります。
高知駅から余裕で歩いてこれるので環境は最高です。


そのほかの写真です。まず1階の様子。

謎のオブジェ。製材機のエンジンなのか?


反対側からの全景。夜景。こう見るとやっぱりでかい!


そんでリフト最上部の沢田マンション看板です。

いやあすごい!沢田夫婦すごすぎる!面白いなあ。
これからまたどんどん住みやすく、拡張していったら良いですね。
来ることができてよかったです。みなさんもぜひ一度どうぞ!  


Posted by KOB at 00:05Comments(0)りょこう奇妙な風景

2016年08月29日

学会高知 8/23-8/25

8/23から学会で高知に行っておりました。日本地すべり学会です。
8/22の台風がものすごかったので、朝から飛ぶかなと不安でしたが何とか高知へ。
高知空港からバスに乗って高知駅へ。荷物をホテルにデポして会場に向かいます。
路面電車に乗車。路面電車にもいろいろ走っています。
レトロな感じ。

サイバラの絵が描かれているのもあります。そうか彼女高知か。

もう1台レトロなヤツ。

電車の中はこんな感じ。床、板張りですよ。


そんで学会会場到着です。

まあそんな感じで講演を聞いてですね、夜は宴会でした。まあよく飲んだと
言いたいところだが、私は24日が口頭発表であったのでここは軽く。

さて24日です。口頭発表は午後3時ころからです。緊張です。
地震地すべりのセッションでしたが、まあ議論がマニアックで。変な質問来たら
やばいぞと思って発表しましたが、とりあえず無事終了。やったー解放だあ!

24日の晩は高知で働いている大学の先輩と飲みました。18年ぶりくらい?
最初はどうなることかと思いましたが、いやあ盛り上がって楽しかったですね。
ビール飲んで、美丈夫飲んで、船中八策を2杯飲んで、アイリッシュパブに
場所を変えて、アーリーのソーダ割飲んで、ロンリコのロック飲んで、
アーリーのロック飲んで良い時間に。超楽しかったです!


25日です。現地見学会です。酷暑でした。でもいっぱい汗かいたおかげで
酒が抜けました。いろいろな現場を見ていろいろ意見を言って、楽しく終了。
その途中撮った景色がこんな感じ。日本の原風景です。



現場見学会終了後は、学会終了後に泊まりたかったあるところに泊まりに行きました。
次の記事で詳しく。

そのほかの高知。
はりまや橋。ちっちぇえ。

カツオのたたき(塩味)。塩味うまい。これは発見だった。

高知駅。きれいな駅だった。屋根が木なんだよね。



高知駅の前に3人の銅像があります。
左から武市半平太、坂本龍馬、中岡慎太郎です。でかいです。

今回の学会は楽しかったなあ。さて来年は長野で学会です。
手伝いに来いと言われているが、どうすればいいんだろう。