さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


蒼天高く翔けらんと › 2008年06月

2008年06月29日

エジプト日記-アスワン~アブシンベル編-4日目

さて、旅行も4日目になり終盤戦となってきました。
この日は朝3時半に出発してアブシンベル神殿へ向かいました。
まだ外は真っ暗です。モスクも暗闇の中輝いてます。

いっぱいバスが並んでるのがわかるようにまたまたコンボイの先導で行きます。
なぜ、こんなに朝早いのかというと・・・
アブシンベルまで3時間かかること、と
あまりに暑すぎて、朝見学しないとやってられないから、です。
さて出発してしばらくしたら爆睡です。当たり前です。

で、アブシンベルに到着する頃には朝日が昇ってきました!


キレイですねえ!思わず月の砂漠を口ずさんでしまいました。月じゃないけど。
砂漠に昇る朝日、最高です!

で、アブシンベル神殿です。ここはもうエジプトとスーダンの国境近く。
いやあ遠いところまで来てしまいました。
まず、アブシンベル大神殿です。

ここでは大きな像が4体見えますが、全部ラムセス2世です。
ラムセス2世がヌビア人にエジプトの驚異を示すために造ったと言われますが
全部ラムセス2世。自分大好き王様ですね。
しかも左から20代、30代、40代、50代のラムセス2世らしいです。
たしかにちょいこちょこ顔が違う!
神殿の中は撮影禁止だったので写真がないんですが、
中のレリーフはそれはそれは見事でした。
レリーフもこう何日か見てますと、いろいろ教わってどういう意味の
レリーフかわかるものも出てきて楽しい。

次に小神殿です。
これは奥さんのネフェルタリの神殿なんですが、ここでもナルシストです。

この神殿にはおおきな像が6体ありますが、
左からラムセス2世、ネフェルタリ、ラムセス2世、ラムセス2世、ネフェルタリ、ラムセス2世です。
奥さんは2体なのに自分は4体。見事なナルシストです。
こちらも中のレリーフは見事でした。

アブシンベル神殿は、当初ナセル湖(アスワンハイダム湛水湖)
に沈む予定だったらしいです。
それをユニセフが遺跡を保存しようとして、移築させることが決定しました。
世界の頭脳を集約し、遺跡を千数百個のブロックに区分して
現在の地に移動させたそうです。移動開始から移動終了まで、5年間!
そういう方たちの努力により、今、これが見られるわけです。
ありがたや、ありがたや。

アブシンベル神殿を見た後は一度アスワンに帰り、イシス神殿を見に行きました。
この辺はもう、ちょっと疲れてましたね。朝早かったから。
で、イシス神殿。

イシス神殿は古代ローマ時代の建造物です。それ以外はよくわかりません。
ちなみに右は臼です。こんなでかい臼を使ってなにを擂ったんでしょうかねえ?

で、イシス神殿を見た後、私的には大変重要な交通手段「列車」搭乗です!
今回、カイロにあまりいる時間がなく、海外地下鉄マニアとしては
カイロの地下鉄に乗りたかったんですが、どうも無理っぽかったので
この列車搭乗は楽しみにしておりました。列車はアスワン~ギザです。
ほぼエジプト国内を南から北へと縦断です。
まず、アスワン駅!

アラビア語は残念ながら読めませんが(数字は読めるようになった)
英語は読めます。右は切符売り場。切符を買うわけでもなさそうなのに
大量に人がたむろしてます。で、列車はこれ!中はこう!

列車、外見は超汚いっす。でも中に入ってみれば・・・意外と豪華。
これ、1st class車両のようです。そう車内に書いておりました。
1両に車掌が1名いまして、何もかもやってくれます。
ビール持ってきてくれます。飯持ってきてくれます。

ビールはルクソールビール。ここで初めて飲んだのですが、意外と旨い!
飯もまあまあ。飛行機の機内食よりはマシです。
あと、列車のトイレが意外とキレイ。
でも駅に停まってるときはトイレ使うなと言われました。
なぜかというと垂れ流しだから、駅ですると駅がくさくなっちゃうから。
昔の日本のようですねえ。もう日本では考えられません。
で、車窓の旅をしながら2段ベッドでゆらゆら揺れていると、いつの間にか寝てました。

さあ、明日はとうとうギザに到着です。クライマックスです!

つづく

下はイシス神殿内のレリーフ。
  


Posted by KOB at 01:39Comments(0)りょこう

2008年06月28日

エジプト日記-アスワン編-3日目その2

昨日のつづきです。
コム・オンボ神殿を出た我々はアスワンに向かいました。
アスワンで昼食後、まず、「切りかけのオベリスク」を見に行きました。
オベリスクっていうのは高さ30m程度の塔のことで、
最初はピラミッドに付属する太陽神のご神体だったそうなんですが
それが時代を経るにつれ、それのみが独立した存在になり、
ご神体となったそうです。

で、切りかけのオベリスクは花崗岩の石切場にあり、
どうもここからオベリスクを切りだそうとしたようですが、どうもその過程で
亀裂が入ってしまったようで、そのまま放り出された物です。

さて切りかけのオベリスクがある場所は石切場、と切りかけのオベリスク。


バスを降りるとそこは灼熱地獄でした。
何せ岩しかないから照り返しがすごい!
さんさんと輝く太陽の光とその照り返し。
おそらく気温は50℃近くあったんじゃなかろうか。
立ってるだけでマジ立ちくらみ・・・人が来るところではない。
同じツアーの女性二人がバスで待ってた。そのほうがいいかも。

花崗岩はどうも菱マンガン鉱なのかな、ピンク色の鉱物が多く含まれている
花崗岩です。またたまに、玄武岩の岩脈が認められます。
こういうの見ると嬉しい。


さて、次はハイライト、アスワンハイダムです。
ナセル大統領が行った国家事業です。
ダムの用途はナイル川の氾濫防止と電力事業。
ナセル大統領は西側諸国に建設の指導をお願いしようとしたらしいんですが
どうもそっぽを向かれたようで、ソ連に頼んだようです。
ソ連が快諾、そして建設に至りました。
堰堤高110m、堰堤長3km、淡水面積琵琶湖8個分というとてつもなくでかい
ロックフィルダムです。ロックフィルダムですよ、それが3km、尋常じゃない。
確かに川幅が広いからフィルダムしか対応できなかったろうけど
この尋常じゃない大きさは労力もすごかったことが簡単に想像できます。
とんでもないです。ホント感動ものです。ロックフィルダムですよ!

これがアスワンハイダム上流側。海じゃありません。川です。

これがアスワンハイダム下流側。化粧石が綺麗です。

アスワンハイダム、来た甲斐ありました。

でもアスワンハイダムができて様々な問題が発生しているらしいです。
ダムを造ったあと、川の中州が増えたこと、氾濫がなくなって洪水にならないから
土壌の塩分濃度が上昇してきて作物に影響を与えはじめたこと、などです。
でも、エジプト全土の20%の電力を供給するダム、ナイル川の氾濫が
なくなったなど良い面もたくさんあるのですが、これからは環境面が
問題になってきますね。

アスワンハイダムの後はヌビア砂漠に行って、砂をペットボトルに入れて
取ってきました。かなりきめの細かい綺麗な砂です。重いけど。


ヌビア砂漠の後は香水店に行って香水瓶を見てきました。
ちょーたけー。写真は香水瓶を作ってる兄ちゃん。


そんで、ホテルに行って、このホテルがまたすごいんだ。イシスホテル。
ナイル川の中洲に建ってるホテル。中洲すべてがホテルの土地。
もちろんプールあり。で、ホテルで夕飯食ってビール飲んで
昼間疲れてたので寝ました。というのも次の朝、3時半出発だったんで。
3時半ってすごいよね。半端じゃないよ。


つづく  


Posted by KOB at 03:51Comments(0)りょこう

2008年06月27日

エジプト日記-エドフ、コム・オンボ編-3日目

さてさて、エジプト日記も3日目に突入しました。
結構大変です。日程表見ながらでないと書けません(^^)。

えー朝起きまして、7時半バスにて出発です。
この日はルクソールからアスワンにバスで向かい、途中途中で
遺跡の見物をします。ルクソールからアスワンへはコンボイという
警察に引きつられてバスは走ります。つまり、ルクソールからアスワンへ行く
観光客が皆、一斉にバスを連ねて走ります。
というのもこの区間は観光バスだけでは走ることができません。
というのもテロ対策のため。一応警察に守られて走るわけです。
怖いですねえ。

さて、最初はエドフに向かいます。距離約80km。
バスに揺られている途中で道路と平行に電車が走っています。
そんである時はバスの前をラクダを大量に乗せたトラックが走っていきます。


で、エドフのホルス神殿に行ってきました。
ホルス神殿はハヤブサの神ホルスをまつる神殿です。塔門は高さ36mもあります。
で、非常に大きなレリーフが刻まれており、彫りも深く見事です!

私個人としてはこのホルス神殿が一番良かったなあ。
神殿の中の装飾もすばらしくキレイでした。ホルス像はエジプト一美しいらしい。
確かにその凛とした立ち姿には威厳があるなあ。


ホルス神殿を見終わってそのあとバスに帰るときに
おみやげ屋を通って帰るんですが客引きがすごい。
うざいくらいに寄ってくる。うちらは軽くあしらってたんだけど
沖縄から来た一緒のツアーの人がえらい絡まれてたよ。
なんかを売りつけられてたんだけど、バス乗る直前まで値段を叫んでた。
結局5ドルくらいが5EL=1ドルくらいまで値下げしてたなあ。
でも彼は買わなかったが。

さて、エドフを去りまして、次はコム・オンボのコム・オンボ神殿です。
ここは正直、あまり印象がない。ちょっと遺跡にも食傷気味か?

コム・オンボ神殿で興味深かったのは
ナイルメーター(左)。ま、ただの井戸なんだが、
ナイル川が増水した場合、井戸の水が上昇して
丘の上の神殿でも水位がわかるらしい。
これはどうもお布施で生活している神殿の神官が
神殿から出ないから、住民からナイルが氾濫したため
お布施ができないと言われても本当に
氾濫したか確かめるすべがなかった。
で、こういう井戸を作ったそうだ。

コム・オンボを見て、目的地アスワンに向かいます。

今日はこの辺まで。

つづく  


Posted by KOB at 00:49Comments(0)りょこう

2008年06月25日

グレンリベット15年

今日は秩父です。
エジプト日記は今日はお休みです。
久しぶりにひとりゆっくり飲んでます。
今日はシングルモルトです。
グラスの氷がゆったりと揺れてます。
  


Posted by KOB at 21:01Comments(0)どりんきんぐ

2008年06月25日

エジプト日記-ルクソール編-2日目

さてさて、昨日のつづきですな。
1日目はナイル川の東岸側の遺跡を見て回ったんですが
2日目は西岸側の「王家の谷」です。王様の墓がいっぱい。
王家の谷はさすがに盗掘にあわないため山深いところに作ってあるというか
荒涼ですな。草一本生えてない。
王家の谷では入り口から左の写真のようなトロッコに乗って進みます。
このトロッコひいてるのがトラクター。面白い。で、右が王家の谷。


王家の谷では、お墓に入りまくりました。
ただお墓の中は撮影禁止なので写真は残っとりません。
でも墓の通路は広く、通路には細かい彫り物が施され、そして着色されたまま残ってる。
それが綺麗で美しい。うっとりするよな回廊です。
墓の中は結構広く、奥行き100m以上もある墓もありました。
ツタンカーメンの墓にも入れたんですが、こちらは狭いし奥行きないしちょっと拍子抜け。
でもツタンカーメンの墓にはいるだけで70EL(エジプシャンポンド)も取られた。1400円だよ!
これから続く遺跡観光もそうだけど、入場料高すぎ!完全に観光客値段。
王家の谷の入場だけでも70ELも取られるのにボリ過ぎ。しかもこの入場券では
3つしか墓入れないし。墓に入るたびにちっちゃいパンチ(日本の文房具と一緒)で
穴開けて3箇所入ったか数えるみたいなんだけど、知らなくて4つめにも入ろうとしたら
入り口の疲れ切ってるエジプト人にチケット見せたところ「Finish!」と言われてしまった。

さて、王家の谷を見終わったあとはハトシュプスト葬祭殿に行きました。
ハトシュプストは18王朝のトトメス2世の奥さんらしい。
葬祭殿すごいよ!威厳ありまくりです!これは見る価値ありますよ!

すごい建築技術です。岩山に作ってあるから基礎は問題ないんだけど
その形式美がねえ、すごいよねえ。
でもここは数年前ルクソール事件というテロ事件が起こったところ。
60人近くが亡くなり、その中には10人の日本人も含まれる。
思想がどうあろうと、無防備の観光客を襲うなんて許せない。合掌。

そのあとメムノンの巨像を見に行きました。これはいまいちだったんでカット。

そんで昼飯。レストランにコシャリを食べに行きました。
コシャリって米と細かいパスタとマカロニとをぐっちゃぐっちゃに混ぜて
上からトマトソースをぶっかけて食べるいわゆるエジプト人のソウルフードらしい。
むちゃくちゃ楽しみにして行ったんだけど出てきたものはなんか上品。

違う!こんなのはコシャリじゃないぞ!
ガイドブックに載ってるのはもっとごちゃっとした
ああいかにも大衆飯みたいなのだったじゃないか~
と心の底で叫びながら食いました。旨かったけど。
うーんこれは街中に本物のコシャリを食いに行かん
といけんと誓うのであった。


で昼飯食ってホテル戻ってシャワー浴びて自由時間。
暑いので夕方まで動くのをやめました。その間両替とかしながら。

そんで夕方、コシャリを食べに行こうということになりホテルから出てる
無料バスに乗って街中へ。そこからてくてく歩く。
アラブ人しかいないところにどんどん入ってく。
この時点で連れはもう泣きそうになってる。慣れてないと怖いかも。
そんでコシャリ屋を目指し地図とにらめっこしながら行ってやっと見つけました。
でも、ホントにここ?っていうくらい暗く、なかなか入る勇気がわかない。
1階はキッチンになっててそこでアラブ人が何か作ってる。
そのアラブ人とガラス越しに目があった。そこで試しに親指立てて「グー!」としたら
向こうも「グー!」してきた。この時点でああこりゃ問題ないということで
中に入って2階に上がる。2人でコシャリの中盛りと大盛り、コーラを一本頼む。

で、出てきたのがこれ。
そうだよ、これだよこれ!
これに一緒に出てきたトマトソースを
バシャバシャかけて食う。旨し!
器は昔給食で出てきたベコベコの金属製器。
これで全部で14EL。280円!安い!庶民の食い物だ!




うーん満足。
あと飯食ってる間に下の道で「ウオー!」って怒号が聞こえる。
なんだなんだと思ったら大量の男たちが棺を担いでる!どうも葬式らしい。
怒号とともに近くの建物に棺ごと吸い込まれていく。なんか圧巻な光景。
さすがに葬式だったから写真撮れなかった。ちょっと怖かった。

さて、飯食い終わったあとは夕日のナイル川沿いを散歩。
大量のセイリングの客引きをあしらいながら。
そんでルクソール博物館に向かったんだけど、場所がよくわからない。
あれー?どこだったかなあ?と思ってると馬車のおじさんがやってきて
馬車乗らんかと誘ってくる。乗らないけどルクソール博物館はどこ?と聞くと
5ELで乗せて連れてってやると言う。試しだから乗ってみた。

博物館まで行く途中、オヤジは博物館見たらどこ行くんだと言うから
ホテルに帰るよというと、ホテルはどこだと聞くのでソフィテルクラナックホテルだと言ったら
乗ってかないかという。添乗員さんにタクシーだったら20~25ELで帰ってこれると
聞いていたんで20ELだったらいいよと言うと40欲しい、ファラウェイ、ファラウェイと言う。
だったいいよというと、わかった20ELで行くから、1時間後に待ってるという。
俺はルスタフだからと名乗って博物館で別れた。

博物館はいろいろあったけどちんぷんかんぷん。ミイラとかあったので面白かったけど。

で、見終わって、馬車が集まってるところに行くと大量のオヤジがどこ行くんだどこ行くんだと
声をかけてくる。俺はルスタフと約束してるんだというとルスタフが駆けてきた。
そんでまた馬車に乗ってホテルに向かったんだけど、ここでルスタフが言いやがる。
ホテルはファラウェイだ、20ELだと連れて行けない、ココで降りてタクシーに乗れ
とかほざきやがる。もうめんどくさかったんで、わかった、30EL出すからと言うと
40EL欲しいと言う。で押し問答したあと、やっぱりタクシーに乗れというので
わかったよ40EL払うからホテルまで行ってくれと根負けしてしまった。
そのままホテルまで行って40EL。800円。
で、ビール飲んで就寝。

次の朝バスに乗ると現地ガイドに馬車に乗りましたか?とみんなに聞いてくるので
乗ったよというと驚いてた。結構ぼられるらしい。
で、どこからどこまでと聞くから博物館からホテルまでと言ったらまた驚いてた。
やっぱりファラウェイなのだ。で、いくらかかりましたかと聞かれたので
40ELと答えると、おー良心的!と添乗員とガイドが口を揃えて言ってました。

ま、良い経験でしたね。

つづく  


Posted by KOB at 04:19Comments(0)りょこう

2008年06月24日

エジプト日記-ルクソール編-1日目

えー、6/15に出発しまして、昨日エジプトから帰ってきました。
まあ今回は初のアラブ国ということで、HISの添乗員付きツアーで行ってきました。
というか、金が格安やった。
エジプトは歴史ある国で灼熱の国。そして1度は行ってみたかった国。
では、初日から。

まず、羽田空港に6/15の午後8時頃集合しまして関西空港へ。
関西空港からカタール空港でカタールのドーハ、ドーハで乗り継いで
エジプトはルクソールに向かいました。
ルクソール着は現地時間で朝11時くらい。6時間の時差があるので
21時間くらいかかりましたね。まあドーハのトランジットが3時間くらいあったし。

ルクソール空港で飛行機から降り立つと・・・暑い。暑すぎ。
ドライヤーの中に降り立つようだとはよく言ったものだ。
ド快晴。日差しが痛い。

空港で持ってきたドルをエジプシャンポンドに50ドル換金して
最初の見学地カルナック神殿に着きました。
カルナック神殿・・・でかい!ぶったまげた!柱が太い!
頭が羊のちっちゃなスフィンクスがいっぱいいる!
このカルナック神殿は新王国時代に建立されたものだそうだ。
柱の彫り物がまたお見事。そしてそそり立つオベリスク。見事!


いやあなにもかも感動ですね。
最初からこんなんでいいんだろうか。
でもこの時点ですでに気温40度越え。
飛行機でまともに寝てないのにこれは辛すぎです。
すでにクラクラしています。

バスで冷やしている水を2本で1ドルで購入したけど
がぶ飲みです。結構きつい。
あ、ちなみに1$=107円くらい、
1EL(エジプシャンポンド)=20円くらいです。

そんでふらふらになりながらバスに搭乗、お昼に向かいます。
お昼は魚のトマト煮込み。エジプトビールで流し込みます。

汗、ダクダクだったのでビールが旨い!魚の煮込みもなかなか。
油っぽいけど濃い味でビールに合う。
だけどこのエジプト風味付けがこのあと1週間我々を苦しめることとなる・・・
でもビールは薄い。バドみたい。
あとねえパンとパンに付けるゴマペーストとかナスペーストとか出てきた。
これも旨いんだけど、これも続くから飽きました。

さて、午後はルクソール神殿に向かいます。
こちらはカルナック神殿に比べるとやや小振りな遺跡。でもその存在感はすごい!


現地ガイドは日本語ペラペラ。カイロ大学出身で日本にもいたことがあるそうだ。
この人が非常にフレンドリーで陽気で親切ですごく助かった。

ルクソール神殿を見たあとはホテルにチェックイン。
ソフィテルカルナックホテルっていうえらいでかい立派なホテル。
中庭にはでっけえプールがあるしびっくりした。


そんでこのあとレストラン行って夕飯はエジプト料理で
もうへとへとだったのでそのままホテルに帰って爆睡しました。

つづく

最後に夕焼けのルクソール神殿と暑くてヤケになってる私。

  


Posted by KOB at 02:19Comments(0)りょこう

2008年06月15日

たかとび

いま関西国際空港どえす。
これからドーハ経由でエジプトの
ルクソールに飛びます。
今回は完全なる“遊び”です。
日本は地震で大騒ぎなのに
遊びに行くのは心苦しいですが
満喫してきます!
写真は先日行った群馬のとある駅。
  


Posted by KOB at 23:18Comments(1)りょこう

2008年06月08日

最近

あーすいません、最近全然更新してない、というかできない。
最近どうにもこうにもなにもかもがうまくいかない。
完全に空回り状態。こうなることはわかってたんだけど
やっぱり実際になってみるとしんどいね。
未来のない愚痴も聞き飽きたし、後ろ向きな考えも聞き飽きた。
体調もいまいちだしな、こんなんでブログを更新するのが
すごく億劫でした。すみませぬ。
まあ、来週は1週間のんびりしてリフレッシュするしかないか。
次の記事に期待しといてください。

あ、でもこんなんですが、相変わらず飲んではいます(^_^)

こんなん書いてもしょうがないと思うけど・・・もういいや載せる!  


Posted by KOB at 23:24Comments(2)その他