さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


蒼天高く翔けらんと › 2014年10月

2014年10月31日

金具屋

昨日ひっさしぶりに徹夜して資料作ってました。眠い。
現場では親綱+ロリップで崖面を下りていました。久しぶりに下りたから怖かった。
体が固まっている。明日上半身筋肉通確定。

さて、3週間くらい前に行った渋温泉。泊まった旅館は金具屋。歴史のあるお宿です。
昭和16年に建てられた母屋木造4階建ての旅館。
現在の建築法では建てられないそうです。かっちょいいです。

旅館の中に洒落た通りがあります。ひさしも付いてる。屋内なのに。
ガラス戸の中にはこの旅館の歴史を語る諸々が飾られております。

フロント前の待合所。田舎の家みたいな中に渋さがあります。ダルマがふたりのぞいてる。

宿の廊下も風情あり。



食堂はここ。7階。旅館が崖に貼り付いているような形状なので斜面を登っていくと階が増す。
凄く広い。屋根の梁模様が美しい。ご飯はここで食べました。ご飯おいしかった。

そんでやっぱり風呂ですね。大浴場がふたつ。時間によって男女入れ替わり。
その他にも貸し切り風呂が5つ。そんで露天がひとつ。とりあえず全部入った。
大浴場2つです。昭和だねえ。


古電話。こういうの好き。


灯火特集。しびれますな。



その他小物。鉄の洗面器。これまじで感動。


風情のあるお宿でしたね。まあなにもかも渋いでんな。
一度は来てみる価値ありです。
渋温泉は他にも渋い温泉宿いっぱいあるんで楽しいですねえ。
ああこれ書いてると温泉行きたくなってきた。ゆっくり風呂に入りたい。  


Posted by KOB at 22:22Comments(0)りょこう

2014年10月25日

スズメバチ

今日は現場の定期的に観測する場所で、スズメバチがブンブン
飛んでいやがったので、業者頼んで駆除してもらいました。
怖いよねえ。
巣はまだ作りかけでしたが、蜂おっきい。
一番左が女王蜂で4センチくらいありました。記念に持って帰った。
なかなか楽しかったです。
  


Posted by KOB at 01:07Comments(0)お仕事

2014年10月06日

歴史的な日



本日(10/5)は高円宮典子様と出雲大社の権宮司・千家国麿氏との結婚式が行われました。
高円宮典子様、千家国麿氏、ご結婚おめでとうございます。

歴史的結婚です。
大国主命が国作りをし、豊かになった出雲の国を見て、天照大神が自らの子が治めるべきだ
として、大国主命に国譲りを迫る。ここでいろいろ抵抗をするが、最後はとうとう譲ることとなり
出雲の国は天照大神が治める高天原の神々が治めることとなった。
この時、国を譲るにあたり大国主命は自分に壮大な拝殿をつくり祀るように依頼する。
この時に造営されたのが出雲大社であり、天照大神の子の天穂日命が祭祀を司ることとなった。

今の皇族、天皇陛下は天照大神の長男である天忍穂耳神の子孫である。
そんで出雲国造家である千家氏は天照大神の次男、天穂日命の子孫である。
つまり日本で神話の神を先祖として代々続いていることが明確である家々が結婚する。
2000年以上確実に続いている家系同士、おそらく日本で1番と2番に古い家同士が。
しかもこれまで最も関わってこなかった2つの家系が融合する。
これはすごいことだよね。

そんで、出雲大社の宮司は出雲国造家で、出雲国造家のみが祭祀を担うことが許されていて
現在でも皇室の人ですら本殿内には入れません。
つまり典子様は本殿内に入ることができる最初の皇族出身者となる。
まあ奥さんである典子様が入ることが出来るのか出来ないのかはわかりませんが。

大国主命にとっては天照大神は自分の治める土地を奪った言ってみれば敵であった。
皇族はその天照大神の直系子孫である。
で、自分を祀ってくれている出雲国造家に嫁いでくるのである。
と言っても出雲国造家も天照大神の命令によって祀っているのである。
大国主命にとってどのような心情なのだろうか。
そういうこと考えると夜も眠れない。  


Posted by KOB at 00:51Comments(0)その他

2014年10月02日

妹尾美里トリオ Live at 横浜Motion Blue


今週月曜日は資格の更新登録講習会がありまして、東京本社に行っておりました。
お、次の日妹尾美里さんのリリースライブじゃん!でもなあ、月曜帰れる時間だしなあ、
と思っていたら、日曜残業したから代休取れと言われ、ラッキーということで
火曜日休んで横浜MotionBlueに4枚目アルバム「avec U」のリリースライブに
行ってきました!久しぶりの妹尾美里さん!前回行くつもりだったライブは残念なことに
中止になってしまったんで、もう楽しみで楽しみで。
今回は4枚目アルバム作成メンバーの杉本さん(b)と清水さん(ds)とのトリオ。

もうねえ、すんごく美しい夜でしたよ。染みました。凄いトリオだね。
曲目はリリースライブだけど過去の3枚のアルバムの曲もちりばめながら
ファンにはたまらない構成。
おいらの大好きな「Partire」がね、やっと今回のアルバムに入って、それを聴くのも
凄く楽しみで、今回は2曲目だったんだけど、聴いてるとぞわぞわ鳥肌が立つ。
全4枚のアルバムのタイトル曲もやってくれて久しぶりに聴けた「Rosebud」。
もうしびれちゃいましたね。
今回のアルバムからは「U」や低音が踊る「Utango」など、じっくり聴けました。
3枚目からは「CoCo Ange」「Victoria」「Hana」をやってくれまして、特に「Hana」は
美しかった。この曲聴いてるとおいらの解釈だけれども、勇気と覚悟と悲しみが
溢れててズーンと心に落ちるものがあって、凄く上品な空間を味わえた。
アンコールは「plic ploc」。ゆったり流れる曲調が最後を締めてくれました。
非常に名残惜しかったですけれども。後ろ髪引かれる。

今度桂由美さんのNYでのショーで演奏するそうです。桂由美さんも来てました。
いやあすごいなあ、がんばって欲しいなあと思います。

最近絶え間なく「avec U」聴いてます。ベーゼンドルファー、音の広がりがすばらしい!
今回のライブ良すぎて名古屋か大阪かまた行きたいと考え始めた。
あとはスケジュールどうするか。無理矢理空けるか。  


Posted by KOB at 13:21Comments(0)おんがく