さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


蒼天高く翔けらんと › ふうけい › りょこう › 奇妙な風景 › 初めての鶴見線

2017年06月20日

初めての鶴見線

土曜日にぜひ一度行ってみたかった鶴見線に乗ってきました。
鶴見線には鶴見駅で乗り換えます。

なぜか改札があります。

ん?なんで?なんで改札の中に改札があるの?と思いながらPASMOタッチ。
不思議でしたが調べてみると、鶴見線は実は全駅無人駅なんですね。
ということは遠くから乗って鶴見線で乗り降りしてそんでまた最初に乗った駅の
隣駅で降りると一区間の料金しかかかりません。つまりキセルできるのです。
ということでそういうことが起きないように、鶴見駅改札内に鶴見線に乗る改札が
あるそうです。ふーん。
路線図です。今日は国道駅と海芝浦駅に行きます。

ホームです。終点なんでこんな感じです。奥に隣のホームに移動できる通路が
あります。でも向かいの4番線には朝晩のラッシュ時しか停まらないそうです。
どうも朝晩のラッシュ時しか開かない改札があるらしいのですがそれには
気づきませんでした。残念。


電車に乗ってすぐ隣の駅、国道駅に降ります。ここは鶴見線の高架下の駅です。
どうもすごく古い駅らしいです。ちょっと楽しみにしておりました。こんな駅。

右に居酒屋があります。

三宝住宅社です。やっているのでしょうか。上の壁に穴が開いています。
どうもこの駅周辺には米軍の機銃掃射跡があるそうですが、この穴がその穴か
よくわかりません。

チャリ停まってます。けっこう人通りが多い。普通の生活通路となっている。

荒三丸は釣具屋さんみたいです。海近いしね。

切符売り場です。次の写真の左の階段を上がるとホームに上がれます。


ホームに上がる階段です。

途中で向かいのホームに行く渡り廊下があります。そこから撮った写真です。

うーん、まあ来ることができたのは非常にうれしいんですが、思ってたほどの
感動はなかったですね。普通に使われているからなのかなあ。人多いし。

そんでまた電車に乗って終点の海芝浦駅に向かいます。この駅凄いね!
こんな気持ちが良くていいんだろうか。天気も最高!




釣り船が近づきます。

鶴見線です。

終点の証です。

改札を出るとすぐに門があります。ここから先は東芝工場関係者のみ
入ることができます。そのほか海沿いに小さな公園があります。

電車の中から撮ってみました。



今回の旅はこんな感じ。
まあ、昼間は本数が少ないんで大変です。
鶴見駅11:00→11:02国道駅 ここでしばらく散策です。
国道駅11:30→11:41海芝浦駅 ここでしばらく散策です。
12:00海芝浦駅→12:08鶴見小野駅 ここから鶴見駅まで歩きました。
本当は海芝浦駅でもっとぼーっとしたかったのですが12:00発を逃すと14:00まで
電車が来ないので短時間で移動しました。
でも楽しかったね!こんどもっとゆっくり回りたいね。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ふうけい)の記事画像
安曇野花火
福岡
新緑長野
光る横断禁止
長野の話
熊本~福岡の話
同じカテゴリー(ふうけい)の記事
 安曇野花火 (2017-08-16 00:40)
 福岡 (2017-07-12 23:06)
 新緑長野 (2017-06-19 00:10)
 光る横断禁止 (2017-06-16 21:43)
 長野の話 (2017-04-28 00:10)
 熊本~福岡の話 (2017-04-27 00:33)

この記事へのコメント
鶴見線に乗車されたんですか。海芝浦はホームが海の中にあるような錯覚しますね。かっては日本の発展のために多くの企業が集積し京浜工業地帯の主力地帯でした。そこに勤務する方達の足が鶴見線でした。当時の朝夕のラッシュは大変な様相でした。鶴見駅ホームは人であふれていました。近年は工場も近代化したり
他の場所に移転したりで、鶴見線も乗客が少なくなりました。近年は海芝浦が若い方に人気で、夕方から夜にかけて海風をあびに出掛けたりするようです。時代
も変わりつつあり、近年は研究所や学校、文化施設が出来つつあります。鶴見線はその人たちの足として存続しています。
Posted by フリーダムナツ at 2017年06月20日 12:21
フリーダムナツさん
そうなんですね。土曜なのに結構乗ってる人多くて驚きました。工場の人だけでなく、地元の方たちも使われてるんですね。時代が変われば、また利用する人たちも変わっていくんですね。
Posted by KOB at 2017年06月20日 17:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
初めての鶴見線
    コメント(2)